Posts Tagged ‘白内障 眼科’

古くからの知人が白内障と診断されて、来月手術をすることを聞いた。直接会ってお話を聞きました。動力などの機械的な研究をしていると人間の体を機械的にとらえてしまいがちであり、心の問題などを見失いがちである。白内障は直接的には命に関わるものではなく、人間の眼の機能の劣化である。これらの機能的な部分が人口的なものに置き換えることでいままでと同じ機能をよみがえらせることができるのである。現代の医学は思ったより進んでいるが、人間の倫理的な観点なども大きな問題となっている。機械と人間の区別や心の存在について将来はどのような価値観が変容するのであろうか。周りの家族や知人も年齢が高くなってきたので、体のことが問題となる話題も多い。日本社会全体の問題として考えたい。

Read the rest of this entry »

1月 15th, 2012 Posted in 医療, 未分類 | Comments Closed